クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

「クオリア」という、バストアップや更年期障害に効果があるサプリが話題になっています。
しかし、高い効果があるということは、副作用もあるのでは?、と不安に思う人もいるでしょう。

 

実際、クオリアの公式サイトを見ても、副作用については何も記載がなく、興味があっても購入に二の足を踏んでしまう可能性は否定できません。

 

ということで、今回はクオリアの基本的な情報と、副作用などの安全面についてご紹介しようと思います。

 

 

【クオリアの基本情報】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

時間がない人や手短に内容を知りたい人は、ここで大体わかります。

 

◆種類
バストアップや更年期障害、生理痛、PMSといった女性特有の悩みを改善するサプリ。

 

◆特徴
女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用を持つ成分を豊富に配合。

 

◆配合成分
1.プエラリア
2.大豆エクオール
3.トコフェロール(ビタミンE)
4.マカ
5.アグニエキス
6.真珠末
7.ローヤルゼリー
8.ワイルドヤム
9.ブラックコホシュ
10.グルコマンナン
11.ギャバ
12.シルクペプチド
13.エラスチン
14.メロンプラセンタ
15.パイナップルセラミド

16.ヒアルロン酸
17.プラチナナノコロイド

 

◆価格
1袋90粒入り(30日分)
定価 9,200円(税別)

 

定期購入(毎月1袋お届けコース):4,580円(税別・約50%OFF)

 

販売は公式サイトの通販のみ。
Amazonや楽天市場、および店頭では販売していません。

 

 

◆お試し
お試しサンプルなどはありません。

 

◆解約
2回目以降を受け取らなくても解約可能。
次回発送日の10日前までに連絡すればOK。

 

 

【クオリアは、バストアップと更年期障害を改善するサプリです】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

バストサイズと更年期障害...どちらも女性特有のデリケートな悩みです。
しかも、これらを改善する方法は、案外少ないのが現状です。
ですが、クオリアなら改善できるかもしれません。

 

バストサイズも更年期障害も、原因の一つに女性ホルモンの「エストロゲン」があげられます。
エストロゲンには、女性らしいふっくらとした身体つきにするはたらきがあります。

 

しかし、偏った食事やストレス、不規則な生活、体質などで、エストロゲンの分泌が滞ってしまう人もいます。
すると、バストサイズに影響が出やすくなりがちです。

 

さらに、年齢が進むにつれてエストロゲンの分泌量は減少します。
ピークは20代〜30代前半で、そこから先は減少の一途をたどります。
そうすると、情緒不安定になったり、ほてりや汗、身体の冷えといった更年期障害が起こります。

 

クオリアはエストロゲンの不足を補い、女性特有の悩みを改善するサプリです。

 

 

【クオリアの特徴】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

1.女性ホルモン「エストロゲン」の不足を補う様々な成分を配合
→エストロゲンと同様の効果があったり、ホルモンバランスを整えたりする成分が複数含まれています。

 

2.女性の美しさをサポートする成分が豊富
→美肌や保湿、心身の安定など、女性を美しくする様々な成分が入っています。

 

3.余計なものが一切入っていない
→香料、甘味料、着色料、保存料、発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤といった添加物は一切使っていません。

 

4.GMP認証済みで安心安全
→クオリアは、厚生労働省の定めた安全基準をクリアした証として、「GMPマーク」を付けています。

 

 

【クオリアの成分】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

クオリアに含まれる成分はどんなものなのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

 

1.プエラリア
タイ原産のマメ科植物で、その根を加工したものです。
タイでは女性の更年期障害に効く民間薬として、古くから使われてきました。
12種類以上の植物性エストロゲンを含み、不足したエストロゲンを補います。

 

プエラリアには非常に良く似た植物が複数あり、専門家でも見分けるのが難しいとされています。
このため偽物も出回っていますが、クオリアには厳しい品質管理の元で栽培されたプエラリアを使用しています。

 

 

2.エクオール
別名「スーパーイソフラボン」。
大豆イソフラボンよりも高い効果があると、近年注目を集めている成分です。
クオリアには独自の特許技術で、大豆を腸内細菌で発酵させたエクオールが配合されています。
エクオールもプエラリア同様、エストロゲンと似た作用を持っています。

 

通常は腸内で大豆イソフラボンから作り出して摂取する成分ですが、腸内で作れない人もいます。
日本人の場合、約半数が作れないと言われています。
しかし、クオリアなら誰でもエクオールの摂取が可能です。

 

 

3.トコフェロール(ビタミンE)
強い抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐため、老化予防に有効です。
このため、「若返りのビタミン」とも呼ばれます。

 

 

4.マカ
南米ペルー原産の、インカ帝国時代から栽培されていたカブのような植物です。

 

アルギニン、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛を含み、美肌効果が期待できます。
ホルモンバランスの乱れを整える作用もあり、更年期障害に効果があります。

 

そのほか、抗酸化作用で動脈硬化の予防や、男性の精力アップなど、幅広い効果があります。
栄養価が豊富なことから、別名は「アンデスの女王」です。

 

 

5.アグニエキス
「チェストベリー」とも呼ばれる、西洋で古来から使われてきたハーブの一種です。
ホルモンバランスを整える効果があり、生理痛や月経前症候群(PMS)の治療に用いられることから、「女性のハーブ」として知られています。

 

 

6.真珠末
真珠を粉末にしたもの。
「コンキオリン」というたんぱく質を含んでおり、抗酸化、細胞の活性化、保湿といった作用を持っています。
このため、老化予防や美肌効果が期待できます。

 

また、カルシウムが豊富なので、エストロゲン減少によって起こりやすくなる骨粗しょう症の予防にもおすすめです。

 

 

7.ローヤルゼリー
女王バチのエサ。
働きバチが花粉を材料に、体内で合成して作り出す乳白色のクリーム状の物質です。
栄養が非常に豊富なことで知られています。

 

「類パロチン」というローヤルゼリーにしか含まれない成分があり、老化予防や美肌の効果があります。
また、「アセチルコリン」や「デセン酸」には自律神経を整えるはたらきがあるため、更年期障害に有効です。

 

 

8.ワイルドヤム
メキシコやアメリカを原産とするヤマイモ科の植物。
ハーブとして古来から利用されてきました。

 

「ジオスゲニン」と「サポニン」という成分を含んでいます。
ジオスゲニンは、乳腺周辺の脂肪を増やし、胸を大きくする効果があるとされています。
また、女性ホルモンのはたらきを活発にしたり、ホルモンバランスを整える効果があり、更年期障害やPMS、生理痛の緩和に有効です。

 

サポニンは抗酸化作用による老化予防と、細胞活性化による免疫力アップ、さらに、血の巡りが良くなる効果で冷え性や肩こりの改善が期待できます。
コレステロール値の上昇を抑えたり、脂肪を溜まりにくくして肥満予防したりと、幅広い効果があります。

 

9.ブラックコホシュ
北米原産のハーブの一種。
女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があり、PMSや生理痛、更年期障害、骨粗しょう症といった女性特有の悩みに効果が期待できます。

 

10.グルコマンナン
こんにゃくに含まれる水溶性食物繊維。
水分を得ると膨張する性質があり、食べると胃の中で膨らみ、満腹感を得られます。
加えて、便通が良くなるので、肥満の改善に有効です。

 

そのほか、コレステロール値を下げたり、糖尿病の予防する効果もあります。

 

11.ギャバ
アミノ酸の一種。
リラックス効果があり、更年期障害の症状改善が期待できます。
血圧の上昇を抑制する作用もあり、血圧が高くて悩んでいる人にもおすすめです。

 

12.シルクペプチド
シルクとは、つまり蚕のマユ。
マユに含まれるたんぱく質を取り出し、食べられる状態にしたものです。

 

様々なアミノ酸が吸収されやすい形で含まれています。
肌の保湿に関わる成分が複数存在し、美肌に効果があるとされています。

 

13.エラスチン
ゴムのように伸び縮みをする性質を持ち、コラーゲン同士をつなぎ合わせる役割のたんぱく質です。
皮膚や血管、じん帯など、伸び縮みが必要なところに存在します。

 

皮膚内部のコラーゲンをつなぎ合わせ、肌のハリツヤを保持する美肌効果が期待できます。
ちなみにこれらが不足すると、シワやたるみとなります。

 

動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓など、血管の柔軟性に関わる病気、およびじん帯断裂などのケガを予防する効果もあります。

 

14.メロンプラセンタ
メロンの胎座(メロンの種がある真ん中のところ)から抽出した、植物性のプラセンタです。
アミノ酸やビタミンなどが豊富です。
豚や馬などの動物性プラセンタのような感染症やホルモンバランスの乱れといった危険がなく、安心して使えます。

 

皮膚の保湿に関わるアミノ酸を含んでおり、美肌効果が期待できます。
メラニンや活性酸素の抑制、抗炎症作用があるため、日焼けやシミなどを改善にも有効です。

 

15.パイナップルセラミド
パイナップルから抽出した保湿成分です。
通常、セラミドはコンニャク芋や大豆などの廃棄部分から抽出するため、効果も低く食用にも向かないものでした。

 

しかし、このパイナップルセラミドは、パイナップルの可食部から抽出しているので、食用しても大丈夫です。
肌の保湿や美肌の効果が期待できます。

 

16.ヒアルロン酸
目の硝子体や皮膚、軟骨などにある保湿成分。
非常に高い保湿能力を持ち、なんと1gで6リットルの水分を保持します。
美肌、ドライアイおよび関節の痛みの改善が期待できます。

 

17.プラチナナノコロイド
プラチナを10億分の1という、極めて細かい小さな粒子にしたもの。
2005年に開発された比較的新しい成分です。

 

高い抗酸化作用が特徴です。
肌のハリツヤを保持するコラーゲンなどの成分が酸化して、機能低下するのを防ぐため、美肌効果が期待できます。
さらに、ガンや動脈硬化などの生活習慣病の予防にも有効です。

 

 

【クオリアの飲み方】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

クオリアは、1日3粒を目安に水かぬるま湯で飲みます。
効果を実感できるまで時間がかかることもありますので、最低でも3ヶ月は継続するのがおすすめです。

 

 

【クオリアの副作用】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

クオリアの公式サイトには、特に副作用についての記載がありません。
しかし、含まれる成分で人によってはごくまれに副作用が起こる可能性があります。

 

1.プエラリア
2017年7月に国民生活センターが、プエラリアを含む健康食品について注意喚起をしました。
ここ2・3年で健康被害が急増しているそうです。

 

報告されている健康被害としては、嘔吐や腹痛、下痢、発疹、じんましん、月経不順、不正出血。

 

ただ、被害状況を見ると、そのほとんどは40代以下に集中しています。
最も多いのは20代で、全体の33%を占めています。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、20代から30代前半が分泌のピークです。
つまり、このくらいの年齢の人の場合、40代以上の人よりもエストロゲンが不足していない可能性があります。

 

ですので、クオリアのようなエストロゲンが含まれる健康食品を飲用することで、エストロゲンの過剰摂取となり、このような健康被害が起こったとも考えられます。

 

「バストサイズ=エストロゲンの分泌量」が、必ずしもすべての人に当てはまるとは限りません。
バストが大きくても、エストロゲンの分泌量が少ない人もいるでしょうし、そこは個人差があるでしょう。

 

とはいえ、40歳以下でバストアップしたくて飲用する場合は、注意が必要です。
異常を感じたら、すぐに飲用を中止し、医師に相談してください。

 

2.ブラックコホシュ
まれに消化器系が不調になることがあります。

 

3.ワイルドヤム
それほど重い症状は報告されていません。
しかし、皮脂を増やすはたらきを持っていることから、ニキビや吹き出物ができたり、肌が脂っぽくなる恐れがあります。

 

さらに、クオリアには女性ホルモンと同じようなはたらきをする成分が、複数含まれています。
このため、ふっくらとした身体つきになりますが、人によっては効果が過剰に現れ、太ったようになることも考えられます。
このほか、疲労感や倦怠感を感じることもあります。

 

 

【クオリアの評判はどうなの?】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

ここまでクオリアについて色々と述べてきましたが、実際に使ってみた人がどんな感想を持っているのかという点も気になります。

 

しかし、クオリアについては公式サイト以外に口コミらしいものは見当たりませんでした。
このため、良い評判はたくさんありましたが、悪い評判については残念ながら不明です。

 

 

【クオリアを飲んではいけない人】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

副作用同様、クオリアの公式サイトでは特に触れられていませんが、含まれる成分を考慮すると、以下の人は飲用をおすすめしません。

 

1.妊娠中や授乳中の人
2.婦人科系疾患のある人
3.未就学の子供
4.経口避妊薬を使う予定のある人

 

 

また、以下の人は飲む前に医師に相談した方が良いでしょう。

 

1.持病がある人
2.アレルギーのある人

 

 

【クオリアをお試しする方法は?】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

残念ながら、クオリアには特にお試しサンプルなどはありません。
購入後の全額返金保証制度もありません。

 

しかし、定期購入すれば、初回だけではなく2回目以降もずっと約50%OFFの4,580円(税別)と、かなりお得です。
送料もかかりません。

 

こういう定期購入は、「○回以上購入が条件」などと条件付けされていることが多いのですが、クオリアはそういった条件はありません。
2回目以降を受け取らずとも、解約が可能です。
ですので、これが実質的なお試しとなっています。

 

ただし、次回の商品発送日の10日前までに解約の連絡をする必要がありますので、ご注意ください。

 

 

【クオリアはどこで買えるの?価格は?】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

現在のところ、クオリアは公式サイトでのみ販売しています。
Amazonや楽天市場での取り扱いはありません。

 

価格は以下のとおりです(すべて税別)。

 

1袋90粒入り
通常価格:9,200円

 

定期購入(毎月1袋お届けコース):4,580円(約50%OFF)
定期購入(3ヶ月毎3袋お届けコース):12,420円(約55%OFF)

 

送料はメール便で、300円です。
定期購入すれば、送料無料になります。
価格面でもお得で、解約手続きが面倒でなければ、定期購入がおすすめです。

 

 

【クオリアの定期購入を解約するには】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

公式サイトによれば、定期購入を解約するには次回発送日の10日前までに連絡する必要があります。

 

しかし、解約についての案内は上記の1文が記載されているだけです。
少し不親切に感じる人もいるように思います。
もう少しこの点について案内が欲しいところです。

 

 

【クオリアの良い点・悪い点】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

<良い点>
1.バストアップや更年期障害、PMS、生理痛など、女性特有の悩みに有効な成分がかなり色々入っている。

 

2.そのほかにも、美肌効果や抗酸化作用など美容に良い成分が豊富。

 

3.これだけ様々な成分が1日たった3粒で摂れ、手軽で簡単。

 

4.GMPマーク付きで、安全な生産環境の元で作られているので安心。

 

<悪い点>
1.価格が高い。
定期購入でも税込にすると、5,000円を越えてしまう。

 

2.女性ホルモンにはたらきかける成分が豊富な分、副作用のおそれがある。
高い効果があれば、副作用もそれ相応についてくる。
特に20〜30代ぐらいの人は、エストロゲン過多で副作用が出やすいので注意が必要。

 

3.定期購入の解約するための案内が、たった1文しかない。
解約できるのか、個人的には心配。

 

 

【クオリアは男性が飲んでも大丈夫?】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

公式サイトによれば、クオリアには男性にも有効な栄養素も含んでおり、男性の愛用者もいるそうです。

 

確かにマカなどは精力アップの効果もあるし、男性にも効果があるのでしょう。

 

ただ、クオリアには女性ホルモンのエストロゲンを補う成分が複数配合されているため、人によっては以下のような影響が出ることも考えられます。

 

1.筋力低下
2.性欲減退
3.体毛が薄くなる

 

また、身体つきが女性っぽくなる可能性もあるかもしれません。
多少胸が大きくなったりすることもあり得ます。

 

ただし、男性の更年期障害には効果はありません。
男性の更年期障害は男性ホルモンの不足によって起こるため、女性ホルモンのエストロゲンを摂取しても改善されないのです。

 

どのような効果を望むのかによって、飲用するかしないかが分かれそうです。

 

 

【クオリアはこんな人におすすめ】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

バストアップしたい人
更年期障害で悩んでいる女性
生理痛やPMSで悩んでいる女性
美肌になりたい人

 

上記の1つでも当てはまれば、おすすめです。
エストロゲンと似たような作用を持つ成分が本当に色々入っていて、エストロゲン不足の人には特におすすめです。

 

 

【まとめ】

クオリアは本当にバストアップのサプリ?副作用は大丈夫なの?

 

◆特徴
女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用をする成分を豊富に配合。
足りないエストロゲンを補足し、バストアップや更年期障害を改善します。

 

◆成分
1.エストロゲンと似たような作用を持つ
プエラリア
エクオール
ブラックコホシュ

 

2.ホルモンバランスを整える
マカ
ワイルドヤム

 

3.更年期障害を緩和する
ローヤルゼリー
ギャバ

 

4.生理痛やPMSを緩和する
アグニエキス

 

5.美肌・保湿
マカ
ローヤルゼリー
シルクペプチド
エラスチン
メロンプラセンタ
パイナップルセラミド
ヒアルロン酸
プラチナナノコロイド
真珠末
パイナップルセラミド

 

6.抗酸化作用
トコフェノール(ビタミンE)
マカ
真珠末
プラチナナノコロイド

 

7.便通改善
グルコマンナン

 

 

◆飲み方
1日3粒
好きなタイミングで飲む。

 

◆価格(すべて税別)
1袋90粒入り(30日分)
定価 9,200円

 

定期購入(毎月1袋お届けコース):4,580円(約50%OFF)

 

公式サイトの通販で販売。
Amazonや楽天市場、および店頭では販売していません。

 

 

◆お試し
お試しサンプルなどはありません。
定期購入が約半額になりますので、そちらが実質的なお試しとなっています。

 

◆定期購入の解約
2回目以降を受け取らずとも解約可能。
次回発送日の10日前までに連絡すればOK。

 

 

◆副作用
<プエラリア>
嘔吐や腹痛、下痢、発疹、じんましん、月経不順、不正出血のおそれアリ。
エストロゲン分泌量が比較的充足している20〜30代に多く、注意の上飲用すること。

 

<ブラックコホシュ>
消化器系に不調の可能性アリ。

 

<ワイルドヤム>
ニキビや吹き出物ができたり、肌が脂っぽくなる可能性アリ。

 

その他、エストロゲンを補足したり、ホルモンバランスに影響のある成分が複数含まれているため、肥満のような身体つきになったり、疲労感、倦怠感を感じることもあります。

 

異常を感じたら、すぐに使用を中止すること。

 

 

◆飲用NGの人
クオリアの公式サイトでは特に触れられていませんが、含まれる成分を考慮すると、以下の人は止めた方が良いでしょう。

 

1.妊娠中や授乳中の人
2.婦人科系疾患のある人
3.未就学の子供
4.経口避妊薬を使う予定のある人

 

 

◆飲む前に医師に相談した方が良い人
1.持病がある人
2.アレルギーがある人

 

 

公式サイトを見ると、バストアップを第一に推しています。
しかしながら、20〜30代の若い人がバストアップのためにクオリアを使う場合は、プエラリアの副作用に注意が必要です。

 

とはいえ、これだけ様々なエストロゲンと似たようなはたらきを持つ成分を含んでいるのですから、ある程度の副作用は致し方ない部分もあります。

 

医薬品も強い効果があれば、副作用が強くなります。
サプリも同じですので、様子を見ながら使うようにしたいものです。